スポンサーリンク

初代ストリートファイターを二人で初挑戦してみた感想

プレイ感想
画像出典:「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」の「ストリートファイター」より

日本版と海外版の歴代アーケード12作品を1つにした……

ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル!

その中から初代ストリートファイターを黒捷さんと二人で初挑戦してみました(⌒∇⌒)

【スト1】Part2 – 幻のストリートファイターを二人で楽しむ!?
【スト1】幻のストリートファイターを二人で楽しむ!?
あきみろ
あきみろ

二人ともSFC版のストリートファイター2から遊んでいましたが、初代を遊ぶのは初めてだったのでワクワクしました!

提供先は「PS4」「Nintendo Switch」「Xbox One」「STEAM」の4つです。

私たちは「PS4版」をプレイしました。

今回は、こちらのプレイしてみた感想を書いていきます。

 

画像出典:PS4版、「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」の「ストリートファイター」より

スポンサーリンク

使用可能なキャラクター

初代ストリートファイターで、プレイヤーが使用できるキャラクターは下記になります。

  • JAPAN:リュウ
  • U.S.A:ケン

以上の2名になります。

どちらも波動昇竜キャラという名称を生み出した有名人ですね(笑)

あきみろ
あきみろ

昔の初代格ゲーは2人とか3人が多かったですよね。

黒捷さんとはリュウでプレイしました!

使用できる必殺技は下記になります。

  • 波動拳
  • 昇竜拳
  • 竜巻旋風脚
あきみろ
あきみろ

ここはスト2と変わりませんね!

安心安心(⌒∇⌒)

強敵揃いの対戦相手

対戦人数

対戦相手は10人います。

  • レツ
  • ゲキ
  • ジョー
  • マイク
  • リー
  • ゲン
  • バーディ
  • イーグル
  • アドン
  • サガット

何名か見覚えのある名前があるのではないでしょうか?

ゲンやアドンはZEROシリーズにも登場していますが、初代が最初だったという(⌒∇⌒)

サガットもスト2では四天王の1人して登場します。

あきみろ
あきみろ

サガットがラスボスなのは知っていましたが、ゲンとアドンが初代から参戦していたのは知りませんでした。

異常な強さを誇る3強

黒捷さんとプレイしていて、心打ち砕かれた相手が3人います。

  • ゲン
  • アドン
  • サガット

特にゲンアドンです。

何十回コンティニューさせられたか……

何がやっかいって攻撃スピードが速すぎるんです!!

自分たちのテクの問題もありますが、それにしてもガードが間に合わない( ;∀;)

あきみろ
あきみろ

昇竜拳が出せればっ!!

 

サガットは攻撃スピードがそこまで速いわけではありませんが、一発の威力がオカシイ

そしてタイガーショット

こいつは威力も飛んでくるスピードも速い!

さすがはラスボスって感じでした。

タイガーアッパーカットがないのが唯一の救いでした。

あきみろ
あきみろ

個人的にはスト2のラスボス、ベガより強かった……

これこそ必殺技!

必ず殺す技……

それこそが必殺技!

初代は必殺技の威力が凄まじいです……

というかオカシイです(笑)

 

波動拳も3発当てれば勝ち!

昇竜拳も2発当てれば勝ち!

竜巻旋風脚も全てヒットすれば1~2回で勝ち!

 

そして、それは敵も一緒です!

初代ストリートファイターは必殺技を先に当てた方が勝つ!!

 

しかし問題が1つ……

プレイしていてわかったのは必殺技を出すのが超難しい

いってもスト2やZEROシリーズなどでも普通に波動拳や昇竜拳など出せますが、初代は出ない!

初代ストリートファイターの攻略は必殺技を出せるようになることだけと断言します!(笑)

あきみろ
あきみろ

特に昇竜拳を自分の意志で100%で放てるようになれば、こんなに苦労することはなかったでしょう……(^▽^;)

試合の合間のミニゲームは初代から

スト2をプレイした時は、車を破壊するなどボーナス得点の入るミニゲームがありました。

このミニゲームは初代からありました!

試割板」「瓦割り」などリアルに近いもので、車破壊のようなことはありませんでした(笑)

あきみろ
あきみろ

この頃のファイターたちは、まだ普通よりな能力だったようです(⌒∇⌒)

波動を操るのは人間離れしてるけど。

対戦プレイも可能

使用できるキャラは「リュウ」と「ケン」だけです。

ちなみに、初代のリュウとケンは格好が違うだけで性能は同じです。

さり気無く左下に制限時間の「TIME」があるので注意が必要です。

しかも、時間の減る感覚が速いので、練習してたりするとあっという間に終わります

というか、黒捷さんとやったときは実際になりました(^▽^;)

スト2から左は1P体力、右に2P体力、中央に残り時間という配置になったんですね。

あきみろ
あきみろ

対戦でも意図的に必殺技を出せた方が勝ちます!

間違いない(笑)

まとめ

超難しいが必殺技が当たると気持ちいい!

そして、ゲンとアドンとサガットはレベルが違う

1987年とかなり昔に出た伝説のゲームですが、スト2から始めた世代にはキツイ(笑)

独断と偏見による個人的な評価:B

補足

評価はS > A > B > C > Dでつけています。

必殺技の入力難易度や、一部の敵の強さが異常な点などを考慮しています。

ですが、格ゲーがほとんどない時代を考えれば完成度は高いようにも思えます。

あとはどうしてもスト2と比べてしまう自分がいますね。

 

黒捷さんと盛り上がったのは間違いないので、遊べて良かったです!

ゲンとアドンのトラウマがヤバすぎて、もう一度やる機会があるかはわかりませんが(笑)

 

当時、家庭用ゲーム機では発売されなかったので、未プレイの方も多くいるはず。

まだの方には、ぜひ一度挑戦してみてほしいです(⌒∇⌒)

コメント

タイトルとURLをコピーしました