パワプロ2020の栄冠ナインを遊んでみた!その2『野手育成編』

プレイ感想

こんにちは、あきみろ@akimirogames)です。 

前回、栄冠ナインの投手育成について記事を書きました。

パワプロ2020の栄冠ナインは投手育成も面白いけど野手育成もまた面白い!

ということで今回は野手編です!

プレイ年数も10年を超え、春も夏も甲子園で優勝できるほどのチームになった監督の育成方法を紹介していきます。

画像出典:PS4版『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』

スポンサーリンク

上がりやすい能力を把握

まず知っておく必要があるのは選手の性格です。

栄冠ナインの選手は性格によって上がりやすい能力が変わります

No.性格上がりやすい能力
1ごくふつう平均
2クールミート
3やんちゃパワー
4熱血漢パワー
5お調子者走力・肩力
6したたか守備・捕球
7内気捕球
8天才肌全部

これを知らずに3年間練習させるのは損でしかありません。

野手の場合は投手と違って、ある程度ポジションによって求められる能力が決まってきます。

捕手なら肩力や守備、外野手なら走力と肩力など。

ポジションと上がりやすい能力が都合よく一致している場合は最高ですが、そうでない場合は性格無視してポジションに求められる能力を伸ばすか、性格にあった能力を伸ばすか悩みながら決めることになります。

あきみろ
あきみろ

私は自分の中で決めてる最低値まではポジションの能力を優先して、それ以降は性格にあった能力を伸ばすようにしてます😁

スポンサーリンク

ポジション共通で優先して上げる能力

パワプロの野手には以下の能力があります。
※特殊能力は除外

No.項目
1弾道
2ミート
3パワー
4走力
5肩力
6守備
7捕球

先程の項目で野手はポジション別で上げる能力はある程度決まってると話しました。

しかし、どのポジションにおいても共通して真っ先に上げるべき能力があります。

それは……

弾道です!

といっても弾道を4にするべきということではなく、最低でも2にするべきという話になります。

弾道1だとゴロばかりになるので長打を期待できません。

弾道2もさほど変わらないのでは?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、弾道2のパワーEでもたまにホームランを打ってくれます

あきみろ
あきみろ

これには私もメッチャ驚きました😄

弾道1から2にアップするまでは1ヶ月かからないので、既に10日ぐらい進行している入学直後に『練習指示』カードを使って速攻で弾道2にすることをオススメします。

あきみろ
あきみろ

1年生は個人練習が『おまかせ』になっているので余計に『練習指示』カードで変えたいんですよね😁

もし練習指示カードがない場合は、練習効果の落ちる梅雨の次期や練習日数が少ない2月などがオススメです。

あきみろ
あきみろ

パワーないのに弾道だけ3や4にするとバランス悪くなるので、3以上にする場合はパワーとのバランスに注意しましょう。

スポンサーリンク

ポジション別で優先して上げる能力

次はポジション別に優先して上げるべき能力です。

私がポジション別に特に必要だと思う能力は以下になります。

No.ポジション特に必要
1捕手肩力・守備
2一塁手ミート・パワー
3二塁手走力・守備
4三塁手ミート・パワー
5遊撃手走力・守備
6外野手走力・肩力

捕手は盗塁を防いでほしい。
一塁・三塁は守備の負担が少ない分、攻撃に力を入れてほしい。
二塁・遊撃は守備の要として頑張ってほしい。
外野は速く球に追いついて速く送球してほしい。

あきみろ
あきみろ

こんな期待を込めて特に必要と書きました!

しかし、他の能力を上げなくいいのかと言ったらそんなことはありません。

特に必要に含めなかった弾道や捕球も当然大事です。

あきみろ
あきみろ

優先する能力とそうでない能力のバランスを考えながら上げていくのが大事ということです😊

チームを攻撃重視にしたいか守備重視にしたいかでもバランスの取り方は変わってきますが、私は特に必要な能力を優先しながら余裕が出たら他の能力も上げています。

ただ、補足しておきたいのは自分の中で許せる最低値はEであることです。

初期能力にGやFがある場合は特に必要な能力は一旦置いといて、まず最初に全てEまで上げてしまいます。
※初期値がメッチャ低い場合はFのまま進む時もありますが。

あきみろ
あきみろ

守備Gとか悲惨ですし、ミートGとかもガチで打てないので何事も最低ラインって重要ですよね😅

スポンサーリンク

捕球は出来るだけチーム練習で!

野手の能力の中で捕球は割と上がりやすい能力です。

また、個人的な感覚ですが捕球は他の能力と違いSやAを目指す必要はないと考えています。

正確に言えば捕球をSやAにするぐらいなら他の能力を上げた方が強くなるというべきでしょうか。

100%ではないにしろ捕球がDになっていればエラーの確率はそこまで高くありません。

内野手の選手たちは捕球場面が多いのでCぐらいあった方がいいなとは思いますが、B以上は余程の余裕がない限りは不要だなと感じています。

あきみろ
あきみろ

GやFは論外、Eも少し心配、Dから割と安心、Cならエラーは運悪かったなレベル、Bは心配すらしないってとこでしょうか😁

以下の練習カードをご覧ください。

No.名称機材
1総合練習
2バント練習
3特守
4座禅
5メンタルトレーニング
6アロマテラピーアロマグッズ
7いやしのひととき癒し系CD

こちら捕球の上がる練習カードです。

3年間練習しているとこの効果だけでもE~Dぐらいになることもあります
※当然選ぶ頻度にもよりますが。

早めに個人練習で捕球を上げすぎると「最終的にCで止めるはずだったのにBまでいっちゃった!その分を他の練習にまわすべきだった!」と後悔します。

ですので捕球の個人練習は少なめにして、チーム練習をメインで上げていくのがオススメです。

あきみろ
あきみろ

さすがにGやFのまま試合に出すのは怖いのでEまでは早めに個人練習で上げておいて、そこからは全てチーム練習に託す感じにしています✨

スポンサーリンク

甲子園のある月は性格にあう個人練習!

甲子園では大量の経験値を獲得できるので、個人練習は性格にあった練習を指示しておくのがオススメです。

サブポジのように割と早く限界に到達する練習だと勝手に指示が『おまかせ』になってしまうので、限界に達する可能性が低い練習を指示するように注意が必要です。

あきみろ
あきみろ

最初は甲子園の旨さをしらず捕球を選んでて「こんなに捕球上げてどうするんだ俺!」ってなりました😁

ただし、考えたくはないですけど途中で負けることもあるので甲子園で勝つ前提のような育成は止めた方がいいです。

あきみろ
あきみろ

最後の夏の甲子園で〇〇を一気に上げるつもりだったのに負けたからバランス悪い選手になっちまった~!」なんてことになります😆

スポンサーリンク

私の野手育成

〇〇の魔物』というエラーを誘発するカードを試合中に使わなくても春・夏の甲子園で優勝することに成功しているので、1つの例として私の育成方法を紹介していきます。
※初期能力など状況によっては多少の誤差ありです。

捕手

No.説明
1弾道を2にする
2走力以外を全てEにする(余裕あれば走力も)
3肩力と守備をBにする
4ミートとパワーをDにする
5肩力と守備をAにする
6ミートとパワーをCにする
7肩と守備をSにする
8捕球やミートなど足りないと感じた能力を上げる

基本的に盗塁を防ぐため肩力と守備をメインに上げながらも打撃面も鍛えてる感じです。

3年生になった時にチーム練習の効果で捕球がD~Cになっていなければ個人練習も考えます。

キャッチャーは守備範囲が狭いので走力は余裕があった時だけ上げることにしてます。

あきみろ
あきみろ

守備は関係ないと見せかけて捕球してから投げるまでのモーションの速さに影響あるので盗塁を阻止するのにかなり大事です!

一塁手(ファースト)

No.説明
1弾道を2にする
2全ての能力をEにする
3ミートとパワーをDにする
4走力と守備をDにする
5ミートとパワーをCにする
6走力と守備をCにする
7ミートとパワーをBする
8弾道を3にする
9ミートとパワーをAにする
10弾道を4にする
11あとはミートとパワーを上げながら捕球の調整

ファーストは基本的に攻撃重視で育てます。

ただし、守備面がザコすぎるとエラーも含めてガンガン点を取られるの体験したので走力と守備も早い段階でCまで上げるようにしています。

代打でしか使わない場合は育成方針も変わりますが、スタメンで使うなら肩力以外はそれなりに必要です。

あきみろ
あきみろ

余裕があれば捕球もCまであるとグッドです👍

二塁手(セカンド)

No.説明
1弾道を2にする
2全ての能力をEにする
3守備と走力をDにする
4肩力とミートとパワーをDにする
5守備と走力をBにする
6ミートをCにする
7守備と走力をAにする
8ミートをBにする
9あとは守備と走力を上げながら捕球の調整
10余裕があればミートとパワーも鍛える

セカンドは基本的に守備重視で育てます。

ファーストへの距離は近いので肩力はDあれば十分です。

ゲッツーを取ってほしい場面もよくあるので、確実にアウトを取れるように力を入れてます!

あきみろ
あきみろ

とはいえ攻撃面も考えないとアカンのでパワーは抑えてミートを鍛える方向にしてます😁

三塁手(サード)

No.説明
1弾道を2にする
2全ての能力をEにする
3ミートとパワーをDにする
4走力と肩力と守備をDにする
5ミートとパワーをCにする
6走力と肩力と守備をCにする
7ミートとパワーをBにする
8弾道を3にする
9ミートとパワーをAにする
10あとはミートとパワーを上げながら弾道と捕球を調整

サードは攻撃重視ですがファーストまで若干距離があるので肩力に力を入れる必要があります。

それ以外はファーストと同じです。

余裕があれば弾道は4にしたいですけど3でも全然大丈夫だと考えています。

あきみろ
あきみろ

欲を言うなら守備もBぐらいあった方がいいですね😁

遊撃手(ショート)

No.説明
1弾道を2にする
2全ての能力をEにする
3守備と走力と肩力をDにする
4ミートとパワーをDにする
5守備と走力をBにする
6肩力とミートをCにする
7守備と走力をAにする
8ミートをBにする
9あとは守備と走力を上げながら捕球の調整
10余裕があればミートとパワーも鍛える

ショートはセカンドと同じで守備重視です。

ただし、ショートからファーストへは距離があるのでセカンドよりは肩力が必要です。

ショートとセカンドの走力・守備が高ければゲッツーも取れれば、内野安打になりそうな場面も結構アウトにできます!

あきみろ
あきみろ

バッティングは運も絡んでるのに対して守備は能力通りの結果になりやすいので個人的にはショートとセカンドは守備重視をオススメしたいです✨

外野手

No.説明
1弾道を2にする
2全ての能力をEにする
3走力と肩力をDにする
4走力をCにする
5ミートとパワーをDにする
6走力をBにする
7肩力をCにする
8走力をAにする
9ミートをCにする
10肩力をBにする
11あとは走力と肩力と上げながらミート・パワーを調整

外野手は守備範囲が広いので断トツで走力優先です。

肩も必要ではありますが走力と同じではなく1つ下の優先順位といった感じで上げています。

攻撃面に関してはパワーを上げる選手もいます。

その場合は肩力にまわす余裕がなくなるのでレフトに配置しています。

あきみろ
あきみろ

ポテンヒットをなくしてほしいので、どんな球にも追いつくぐらいの走力を求めます!

スポンサーリンク

まとめ

  • 性格で上がりやすい能力が変わるので把握するのが大事!
  • ポジション共通して真っ先にやることは弾道を2にすること!
  • 各ポジションで必要になる能力を把握!
  • 捕球に関してはEまで個人練習で上げたらあとはチーム練習で上げる!
  • 甲子園の経験値は美味しいので性格にあった能力を上げるのがオススメ!
  • 運のバッティングに特化させずに安定した守備も意識して育てる!

ミートとパワーをA・Aとかにしても打てない時は本当に打てません!

逆にE・Eでも打つ時は打つので、失点を抑える野球をすれば自然と勝率が上がります。

あきみろ
あきみろ

ですので私はスモールベースボールの方針で選手を育ててます😁

 パワプロ商品

■攻略本

■PlayStation4版

■Nintendo Switch版

ブログランキングに参加中

ゲーム動画ランキング    にほんブログ村 動画紹介ブログ ゲーム動画へ

上のバナー2つとも1日1回クリックしていただけるとランキングの順位が上がります!

プレイ感想
スポンサーリンク
あきみろ

YouTubeでゲーム実況をしてます🎮
三國志を中心にFC~PS2のレトロゲームを多数プレイしています😁
ブログではゲーム実況に役立つ情報やプレイしたゲームの感想を書いています!
どちらもゲームの楽しさが伝わるように活動しております✨

あきみろをフォローする
あきみろをフォローする
あきみろのゲームブログ

コメント

  1. […] パワプロ2020の栄冠ナインを遊んでみた!その2『野手育成編』 […]

タイトルとURLをコピーしました