動画配信ソフト『Streamlabs OBS』Twitchで配信をする基本設定

動画編集・配信・設定

こんにちは、あきみろ@akimirogames)です。

私はYouTubeでゲームのライブ配信をしています。

最近はゲームに特化してると言われる『Twitch』にも興味を持ち始めたので、勉強がてら試しに配信してみることにしました。

最初はPlayStation4単体で配信、次にパソコンから配信と2パターンを実践!

パソコンから配信する際は、YouTubeの時と同じく『Streamlabs OBS』を使用しました。

今回は、このStreamlabs OBSでTwitch配信するための基本設定を紹介していきます。

設定はパソコンのスペックとネット回線の速度によっても変わるので、1つの参考にして頂ければ幸いです。

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

スポンサーリンク

Twitchの設定値を把握する

Streamlabs OBSの設定に入る前にTwitchが推奨している設定値を把握しておきましょう。

ちなみに、Twitchでは『NVIDIANVENC』と『x264』の仕様で分かれています。

簡単に言えばNVIDIANVENCはGPUを使ったエンコード、x264はCPUを大量に使うエンコードです。

今回は私も使用している『NVIDIANVENC』で紹介していきます。

※x264の仕様を知りたい方はこちらをご参照ください。

解像度とビットレートとフレームレート

まず自分が設定したい解像度とビットレートの値を把握します。

No.条件解像度ビットレートフレームレート
11080p 60fps1920×10806000 kbps60または50 fps
21080p 30fps1920×10804500 kbps25または30 fps
3720p 60fps1280×7204500 kbps60または50 fps
4720p 30fps1280×7203000 kbps25または30 fps

私の場合は『1080p、60fps』で配信するので、No.1の値を覚えておく必要があります。

使用しているパソコンのスペック以上やネット回線の速度以上に設定してしまうと配信がカクカクしてしまいます。

ちなみにビットレートを6000 kbps以上に設定してもTwitch側で6000 kbpsに制限されてしまいます。

あきみろ
あきみろ

値はセットみたいになってるので適当に設定せず、Twitchの推奨値を把握する必要があります😊

エンコーダの設定

他にも推奨されてる値はいくつかあります。

その中でもStreamlabs OBSで設定する必要があるものをピックアップします。

項目
キーフレーム間隔2秒
ビットレート エンコードCBR
プリセットQuality
Bフレーム2
音声サンプルレート44.1kHz または 48kHz
音声ビットレート128 Kbps

今回はTwitchでの値を紹介していますが、YouTubeやニコニコ生放送では値が変わってきます。

他のプラットフォームも同時に配信したい場合は、そちらの値も把握して全ての条件を満たす必要があります。

あきみろ
あきみろ

私は同時配信はしませんが、ちょくちょく設定を変えるのも面倒なのでYouTubeでもTwitchでも問題ない値に設定しました😁

スポンサーリンク

Streamlabs OBSの設定

値を把握したところで実際にStreamlabs OBSの設定をしてみましょう。
※起動までの手順は省きます。

1.

左下にあるメニューから歯車の『設定アイコン』を選択します。

2.

設定の左メニューにある『出力』を選択します。

3.

ここでは複数の設定を変更していきます。

  • Output Mode:Advanced
  • Encoder:Hardware(NVENC)(new)※1
  • レート制御:CBR
  • ビットレート:6000 Kbps(1080p 60fpsの場合)
  • キーフレーム間隔(秒,0=自動):2
  • プリセット:Quality
  • 最大B フレーム:2

※1の『Hardware(NVENC)(new)』が『NVIDIANVENC』のことです。

4.

3.』の『Output Mode』の下にある『Audio』を選択します。

5.

オーディオ・トラック1の『Audio Bitrate』の値を推奨の『128』に設定します。

オーディオ・トラックは1~6まであります。
自分がどれを使用しているかは以下で確認できます。

Output Mode』の下にある『Streaming』を選択して『Audio Track』の値を確認。
※画像の例ではオーディオ・トラック1を使用しています。

6.

設定の左メニューにある『オーディオ』を選択します。

7.

ここでは2つの項目を設定します。

  • Sample Rate(requires a restart):44.1khz または 48kHz
  • Channels(requires a restart):Stereo ※1

※1は『Stereo(ステレオ)』にしてますが『mono(モノラル)』でも問題はないです。

8.

設定の左メニューにある『ビデオ』を選択します。

9.

ここでは複数の項目を設定します。

  • Base(Canvas)Resolution:1920×1080 (1080p 60fpsの場合)
  • Output(Scaled)Resolution:1920×1080 (1080p 60fpsの場合)
  • Downscale Filter:Lanczos(Sharpened scaling, 32 samples) ※1
  • FPS Type:Common FPS Values
  • Common FPS Values:60 (1080p 60fpsの場合)

※1に関しては、Lanczos(ランチョス)が見た目一番シャープになるのでオススメとして一緒に設定しました。

10.

全ての設定が終わったので右下にある『完了』を選択します。

あきみろ
あきみろ

これで基本設定は完了です!

スポンサーリンク

改めて注意点

今回設定したのは私『あきみろの設定』です。

パソコンのスペック、ネット回線の速度など自分の環境によって配信できるクオリティは変わるので、今回は1つの基準として参考にしてみてください。

とはいえ、調整が必要になる値はビットレート・FPS・解像度の3つに絞られるはずです。

私自身はYouTubeのライブ配信時にビットレートを何度も変更してテストしました

あきみろ
あきみろ

ネット回線は自分でコントロールできない部分もあるので、ある日はOKでもある日はカクカクするなど発生するかもしれません😅

スポンサーリンク

YouTubeの設定から変更した点

こちらは余談になります。

私はTwitchの前にYouTubeでライブ配信していたので、そちらの設定から1箇所変更するだけで対応できました

その項目は7000 kbpsにしていたビットレートのみです。

Twitchでは6000 kbpsが最大だったので、そこだけ変更して完了となりました。

なんなら7000 kbpsのままでもTwitch側で6000 kbpsに制御されると記載があったので、ここすら変更する必要がなかった説もあります。

とはいえ私は推奨値を超えた値に設定したくなかったので変えました。

また、少し前まで6000 kbpsで配信していた経験があり、そこまで違いを感じていなかったので6000 kbps に戻すことに抵抗はありませんでした。

あきみろ
あきみろ

YouTubeとTwitchでいちいち設定変えるの面倒なので本当に助かりました✨

スポンサーリンク

まとめ

  • まずは配信するプラットフォームの設定値を把握すること!
  • Streamlabs OBSの設定から出力・オーディオ・ビデオの値を変更!
  • 自分の環境次第で出せるクオリティの高さは変わるので検証大事!
  • YouTubeとTwitchは共通の設定に出来るのが楽!

Twitchには『Twitch Studio』という配信ソフトもあるので、もしプラットフォームによって設定を変える必要が出たら別々のソフトを使って配信することも考えていきます。

あきみろ
あきみろ

現状はStreamlabs OBSで不都合がないので、先の話にはなると思いますけど😁

 関連商品

■ゲーム実況に使用しているマイク

■ライブ配信した動画を保存している大容量外付けHDD

■動画編集に使用しているPowerDirector

ブログランキングに参加中

ゲーム動画ランキング    にほんブログ村 動画紹介ブログ ゲーム動画へ

上のバナー2つとも1日1回クリックしていただけるとランキングの順位が上がります!

動画編集・配信・設定
スポンサーリンク
あきみろ

YouTubeでゲーム実況をしてます🎮
三國志を中心にFC~PS2のレトロゲームを多数プレイしています😁
ブログではゲーム実況に役立つ情報やプレイしたゲームの感想を書いています!
どちらもゲームの楽しさが伝わるように活動しております✨

あきみろをフォローする
あきみろをフォローする
あきみろのゲームブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました