スポンサーリンク

動画編集ソフト『PowerDirector 17』で四角の囲み枠を作る方法

動画関連

こんにちは、あきみろです。

動画編集をしていると四角形の枠で囲みたいときがありませんか?
私は割とあります!

注目させたい時、ムービーの上に置く画像の色が被っていて境目がわからない時など。
枠の画像を用意せず、PowerDirectorだけで対応できないか探してみたらありました!

今回は、こちらのやり方を紹介していきます。

画像出典:『PowerDirector 17』より

スポンサーリンク

前提

タイムラインにムービーを設置する方法は省きます。
またクリップの分割方法に不安がある方は下記を参照しておくとわかりやすいです。

カラーボードを使用して囲み枠を作成

では早速、四角の囲み枠を作成してみましょう。

1.

左メニューの『メディアルーム』アイコンを選択してから『>』を押してメディアルームのメニューを表示します。

2.

開いたメディルームのメニューから『カラーボード』を選択します。

3.

複数の色が用意されているので好きな色を選んで『2つめのムービートラックにドラッグ&ドロップ』して配置します。
※ここで選ぶ色は透過されて非表示になるので、何色を選んでも結果は変わりません。

4.

ムービートラックに設置したクリップを『ダブルクリック』して専用ウインドウを開きます。

5.

専用ウインドウの左メニューから『境界線の左にあるチェックボックス』にチェックを入れて有効にしてください。
チェック後は『境界線』を選択して項目を開きます。
※チェックボックス以外の位置で選択すれば項目が開きます。

6.

表示された項目の『サイズ』『塗りつぶし種類』を自分好みに調節してください。
今回はサイズは『5』、色は『単一色』の『』にしてみました!
※この『境界線』が囲む枠になるので不透明度はデフォルトの100%のままにします。

7.

次は専用ウインドウの左メニューから『オブジェクトの設定』を選択して項目を開きます。

8.

表示された項目のちょっと下に『不透明度』があるので『0%』にします。
※これで境界線の白だけ表示され、カラーボードで選んだ赤は非表示になりました。

9.

最後は、プレビュー画面から左上にある『丸い部分をドラッグ&ドロップ』して大きさを調節します。
※位置は枠を選択している状態でドラッグ&ドロップすれば動かせます。

10.

プレビューで確認して問題なければ『OK』を選択します。

あきみろ
あきみろ

毎回ペイントソフトなどで囲み画像を用意しなくても、PowerDirectorの中で大きさや位置、色など調整できるので楽です!

これでカラーボードを使用した囲み枠の作成は完了です。
次は使いまわすのに便利な方法を紹介します。

作成した囲み枠を使いまわす方法

簡単とはいえ、囲み枠を毎回一から作成するのは面倒です。
頻繁に使うことを考慮してテンプレート保存するやり方を紹介します。

1.

作成した囲み枠から専用ウインドウを開いて『名前を付けて保存』を選択します。

2.

カスタム テンプレートの名前を入力』に好きな名前をつけて『OK』を選択します。

3.

囲み枠は『ビデオオーバーレイルーム』の『カスタム』に保存されます。
今後は、ここからタイムラインに設置して大きさと位置だけ調整するといった使い方ができます!
※『白枠_真ん中』は私がつけた名前です。

あきみろ
あきみろ

最初、どこに保存されたのか迷いましたw

これで作成した囲み枠を使いまわす方法は完了です。

まとめ

  • 前提としてタイムラインへのムービー設置の把握は必要
  • メディアルームのカラーボードを使用して四角の囲み枠を作成
  • 使いまわすためにテンプレート保存するのがオススメ

私は最初テンプレート保存しなかったのですが、すぐ面倒になりましたw
作業時間を短縮するためにも、テンプレート保存はガチでオススメします!

↓ 動画の関連商品 ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました