スポンサーリンク

ファミコンやPS2など古いハードでゲーム実況するのに必要なもの

動画関連

こんにちは、あきみろ@akimirogames)です。

最近、ゲーム実況はどうやるのか質問を受けました。
その時、古いハードを使った方法は記事にしていなかったことを思い出しました。

というかPS4単体での録画方法以外は書いてません。

今回は、ファミコンやプレイステーション2など古いハードで実況するのに必要なものを書いていきます!

スポンサーリンク

対象ハード

古いハードの対象となるのは黄・白・赤のRCA端子を使用したハードです。
私が持っているハードを例に挙げると…

  • ニューファミコン(NEW FC)
  • スーパーファミコン(SFC)
  • ニンテンドウ64(64)
  • プレイステーション(PS)
  • プレイステーション2(PS2)
  • セガサターン(SS)

などがあります。

あきみろ
あきみろ

PS4などはHDMIが使用されているので、今回の対象には入りません!

キャプチャーボードを使う

古いハードは単体で録画する機能はありません。
では何で録画するのか?

それはパソコンです。

ここでポイントとなるのは、どうやってパソコンにゲーム画面を取り込むかです。

ディスプレイにRCA端子があったとして、そこに差してもパソコンには取り込めません。
ただTVの変わりにパソコンのディスプレイを使用してるだけの状態となります。

ではどうすればいいのか?
ずばりキャプチャーボードです!

これを使用することでゲームのハードとパソコンを接続できます。
ただし、キャプチャーボードにも種類がたくさんあります。

PS4などで採用されているHDMI端子にしか対応していないものもあるので、古いハードで実況する場合はRCA端子に対応しているキャプチャーボードを購入する必要があります。

ちなみに私が使用しているのは下記の『GV-USB2』なります。

こちらは色んなところで紹介されている商品です。
値段も安かったので非常に満足しております!

あきみろ
あきみろ

余談ですが、古いビデオデッキと繋げて取り込むことも出来ます😊

録画ソフト

キャプチャーボードを使ってゲームハードとパソコンを繋げたら取り込み可能になります。
しかし、繋げたらディスプレイにゲーム画面が表示されるのかと言えば違います。

ここで必要になるのが録画ソフトです。

録画ソフトには有料のものもあれば無料のものもあります。
一部ご紹介していきます。

無料
  • OBS Studio
  • Streamlabs OBS
  • ロイロ ゲーム レコーダー
有料
  • Bandicam
  • VideoProc
  • Screen Recorder

今回は必要なものという記事ですので、使い方は紹介しません、
ここで言いたいのは録画ソフトが必要だと言うことです。

どの録画ソフトでもデバイスを選択する項目があるので、そこで『GV-USB2』を選択します。
すると、そのソフトの画面にゲーム画面が映ります。

ちなみに私は有料のScreen Recorderを最近まで使っていたのですが、今は無料のStreamlabs OBSに移行しつつあります。

理由が結構重要なので書いておきます。

Screen Recorderと先程紹介したキャプチャーボードの組み合わせ、更にWindows10で録画すると30分くらいからゲームのBGMがおかしくなる現象が発生します。

あきみろ
あきみろ

Windows7の時は問題なかったです😂

ドライバを最新にしたり設定を変えてみたりして試すも解決できませんでした。
暫くは20分区切りで録画することで事なきを得ていたのですが、ライブ配信で躓きました。

あきみろ
あきみろ

ライブ配信は途中で切れないので💦

そこで物は試しと無料のStreamlabs OBSを使用してみたら何の問題もなく録画できました。
お金を払って使っていたので結構ショックでした。

あきみろ
あきみろ

別のキャプチャーボードを使うなら話は変わってくると思いますが、今回紹介したキャプチャーボードを使用する場合はScreen Recorderは避けた方がいいです😭

ラグをなくしてプレイするには

キャプチャーボードを通して映されたゲーム画面には1つ欠点があります。

それはラグがあるということです!

ラグがあると言ってもわずかなものです。
しかし、アクションゲームなどはそれが致命傷となります。

あきみろ
あきみろ

いつもと同じ感覚でプレイしてるのにタイミング合わない……

なんてことになります。
私は、これに耐えられなかったので下記の5点を使用して対応しました。

  • モニター(ディスプレイでもTVでもOK)
  • 分配ケーブル
  • 中継プラグ
  • HDMIアップスキャンコンバーター
  • HDMIケーブル

HDMIアップスキャンコンバーターとHDMIケーブルは、モニターにRCA端子がなくHDMI端子しかない場合に必要となります。

あきみろ
あきみろ

最近のモニターは古いRCA端子がないものが多いので、必要になってしまう可能性は高いかもしれません😆

なぜこれらが必要になるのか解説していきます。

モニター

こちらはパソコンと繋げているディスプレイとは別に1台用意します。
ディスプレイでもTVでも問題ありません。

1台はパソコンと繋げて、もう1台はゲームのハードと繋げます

ラグが発生する理由はキャプチャーボードを介してるせいです。
ならキャプチャーボードを介さないで直接モニターに繋げれば問題は解決です!

ちなみに私が使っているのは下記の2つです。

1つは4Kで1つはフルHDにしています。
録画ソフトによっては4Kに対応していないのもあるので、使い分けができるようにしています。

分配ケーブル

ゲームハードに用意されてるケーブルは1つのモニターにしか繋げられません。
モニター2台にRCA端子を繋げるには分配ケーブルが必要になります。

名前の通りですが、これを使用することでケーブルを2つに分配することができます。

中継プラグ

分配ケーブルだけでは、元々ゲームハードに用意されたいたケーブルを繋げることは出来ません。
理由はどちらも差し込むピンであるためです。

そこで必要になるのが中継プラグです。

こちらを使用すれば2つを繋げることができます。

HDMIアップスキャンコンバーター

こちらは使用するモニターによっては必要になります。
モニターにRCA端子がなく、HDMI端子がある場合は用意します。

名前の通り、RCA端子をHDMI端子にコンバートしてくれるものです。
この商品は安いものから高いものと色々あります。

ただ安いものはレビューを見ててもよろしくないコメントが多かったので私は少し奮発して下記を購入しました。

1年と3ヶ月ほど使用していますが、壊れることなく今も絶賛活躍しております。

あきみろ
あきみろ

Amazonで検索してたらホントに色々あったので、かなり迷いました😆

HDMIケーブル

こちらもモニターにRCA端子がない場合の話になります。
もし余ってるHDMIケーブルがない場合は一緒に購入する必要があります。

私は4Kのディスプレイに繋げるために、4K対応のケーブルを購入しました。

あきみろ
あきみろ

こうやって書くと結構揃えるものは多いですね😅

必要なものまとめ

  • パソコン
  • 古いゲームハード
  • キャプチャーボード
  • 録画ソフト
  • パソコンと接続するモニター
  • ゲームハードと接続するモニター
  • 分配ケーブル
  • 中継プラグ
  • HDMIアップスキャンコンバーター
  • HDMIケーブル

私はパソコンの買い替えタイミングと一緒に揃えたので、各々が問題なく作動してくれるのか結構不安でした。

しかし、録画ソフト以外は問題なく動いたので、とても安心した記憶がありますw

これから古いハードでゲーム実況される方の参考になれば幸いです。

↓ 動画の関連商品 ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました