動画配信ソフト『Streamlabs OBS』でYouTubeのライブ配信をする2つの方法と手順

動画関連
スポンサーリンク

こんにちは、あきみろ@akimirogames)です。

前回『Streamlabs OBS』を使用してYouTubeライブ配信をするための基本設定を紹介しました。

設定はしたけど、どうやってライブ配信するのか?

実はStreamlabs OBSでは2つの方法があります!

今回は、その2つの手順を紹介していきます。

スポンサーリンク

前提

YouTubeでライブ配信を行う前提として以下の2つは事前に済ませておいてください。

  • チャンネルがライブ配信可能になっていること!
  • Streamlabs OBSでライブ配信をする基本設定を済ませている! ※1

※1は以下の記事を参照

スポンサーリンク

1つ目の方法と手順

では、1つ目の手順を紹介していきます。

こちらは工程多めですが、その分手順2の時に何を指してるのかわかるようになります。

YouTube側

1.

まずブラウザ(Chromeなど)で『YouTube Studio』を開きます。
※URLはチャンネルごとに違います。

2.

画像出典:チャンネルのダッシュボード – YouTube Studio

YouTube Studioの右上にある『ライブ配信を開始アイコン』を選択します。

3.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

左メニューにある『エンコーダ配信』を選択します。
※デフォルトで選択されていたら何もしなくて大丈夫です。

4.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

画面右上に『編集』というボタンがあるので選択します。

5.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

左メニューにある『詳細』で動画のタイトルや説明などを入力していきます。

設定内容は動画の内容や方針で変わりますが、一例として変えた方が良い項目を紹介します。

  • タイトル
  • 説明
  • 公開設定
  • カテゴリ
  • サムネイル
  • タグ

6.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

左メニューにある『チャット』を選択します。

視聴者さんとチャットで交流したい場合は『チャットを有効にする』にチェックを入れます。

5.』の設定も完了していたら右下にある『保存』を選択します。

7.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

中央ぐらいにある『ライブ配信の設定』を選択します。
※デフォルトで選択されていたら何もしなくて大丈夫です。

8.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

ライブ配信の設定』の下の方に『ライブ配信の遅延』という項目があるので目的に合わせて選択します。

項目概要
通常の遅延高画質だけどチャットでの交流には不向き
低遅延リアルタイムにチャットするのに向いている
超低遅延交流や反応を最優先するならこちら

9.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

ライブ配信の設定』の右側に『その他の設定』という項目があるので目的に合わせて選択します。

ちなみに私がONにしている『DVRを有効にする』は視聴者さんがライブ中に一時停止・巻き戻しなどできるようになります。

10.

画像出典:ライブ配信 – YouTube Studio

最後に『ライブ配信の設定』の直下にある『ストリームキー』の位置を確認しておきます。

ストリームキー(エンコーダに貼り付け)』と『ストリーム URL』の2つをStreamlabs OBSにコピー&ペーストで入力することになります。
※使用しない『バックアップサーバーのURL』も含めて他人に教えない方がいい情報なので扱いには注意しましょう。

あきみろ
あきみろ

YouTube側の設定はこれで完了です!

Streamlabs OBS側

1.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

Streamlabs OBSを起動して左下にある『設定アイコン』を選択します。

2.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

設定の左メニューから『ストリーム』を選択します。

3.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

まず『Stream Type』を『カスタムストリーミングサーバー』に変更します。

その後『URL』にYouTubeのライブ配信の設定にあった『ストリームURL』をコピー&ペーストします。

同じ要領で『ストリームキー』にYouTubeのライブ配信の設定にあった『ストリームキー(エンコーダに貼り付け)』をコピー&ペーストします。

設定が終わったら右下にある『完了』を選択します。

4.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

設定が終わったら右下にある『ライブ配信を開始する』を選択します。
※設定が正しければ確認なく開始されるので注意してください!

あきみろ
あきみろ

細かい設定は全てYouTube側で行い、Streamlabs OBSでは配信するストリーム情報だけを入力しました!

スポンサーリンク

2つ目の方法と手順

こちらはStreamlabs OBSだけでほぼ完結するのでシンプルです。

しかし、1つ目と方法と違いYouTube側の細かい設定は出来ません。

1.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

Streamlabs OBSを起動して左下にある『設定アイコン』を選択します。

2.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

左メニューの一番下にある『Log in』を選択します。

3.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

真ん中にある『YouTubeアイコン』を選択します。

4.

画像出典:ログイン – Google アカウント

ブラウザが起動するので『Googleにログインするアカウント』を選択します。
※YouTubeでライブ配信できるアカウントを選択してください。

5.

画像出典:ログイン – Google アカウント

YouTubeで配信できるブランドが複数あった場合は『使用したいアカウント』を選択してください。

6.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

YouTubeに無事ログインするとStreamlabs OBSは元の画面に戻ります。
※ブラウザ側はにStreamlabs OBSのページが開かれますが不要なので閉じてOKです!

右下にある『ライブ配信を開始する』を選択します。
※1つ目の方法と違い、まだライブ配信は始まらないので安心してください。

7.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

するとライブ配信の設定項目が表示されるので入力・選択していきます。

No.項目概要
1イベント新規イベントを作成しか選べません。
2タイトル動画のタイトルを入力します。
3説明動画の説明欄に載せる内容を入力します。
4プライバシー公開範囲を選択します。
└Public:全体公開
└Unlisted:限定公開
└Private:非公開
5Categoryカテゴリーを選択します。
6Thumbanailサムネイル画像を選択します。
7Stream Latencyライブ配信の遅延を選択します。
└Normal Latency:通常の遅延
└Low-Latency:低遅延
└Ultra Low-Latency:超低遅延
8Additional SettingsデフォルトがONの項目
・Enable Auto-start
└Streamlabs OBSからデータを送信するとライブ配信が自動で開始される。
・Enable Auto-stop
└Streamlabs OBSからデータが送信されなくなったら自動でライブ配信が終了する。
・Enable DVR
└視聴者さんが一時停止・巻き戻しなど可能になる
9ストリームを共有Twitterにライブ配信を開始した通知を送ることが可能
10最適化されたエンコーダー設定を使用ONにすると品質の向上、またはCPU・GPUの使用率が低下

設定が終わったら右下にある『確認&ライブ配信の開始』を選択します。
※これを押すとライブ配信が始まってしまうので注意してください!

8.

画像出典:Windows版『Streamlabs OBS』

上のような画面になるので準備完了まで待ちます。
※『7.』のボタンにあった確認とは目視で項目などを確認することではなくライブ配信が問題なくできるかの確認です。

何も問題なければ画面が自動的に切り替わりライブ配信が始まります。

あきみろ
あきみろ

Streamlabs OBSのアップデートで少しずつ選べる項目が増えてもいますが、どうしてもYouTubeの後追いになるので「なんであの項目ないの?」となる可能性があります。

スポンサーリンク

メリット・デメリット

まず1つ目の方法から。

メリットはYouTube側で設定しているので細かく設定できることです。

対してデメリットはStreamlabs OBSだけで完結できないのでブラウザとStreamlabs OBSの2つ使用しなくてはいけない点です。

あきみろ
あきみろ

私は、この1つ目の方法を使用してライブ配信しています!

次に2つ目の方法です。

メリットはStreamlabs OBSだけで完結できることです。
※YouTubeへのログインだけはブラウザが立ち上がります。

対してデメリットは設定できる項目が限られている点です。

あきみろ
あきみろ

細かい設定は不要!」という方はこちらで良さそうな気がします。

スポンサーリンク

まとめ

  • 前提はチャンネルがライブ配信可能になっていることとStreamlabs OBSの基本設定を済ませていること!
  • 1つ目の方法はYouTube側で配信動画の詳細設定をしてStreamlabs OBSからライブ配信する!
  • 2つ目の方法はStreamlabs OBSで配信動画の設定もしてライブ配信する!
  • 動画の設定を細かくしたい人は1つ目の方法を選択するしかない!

途中でも書きましたが私は1つ目の方法でライブ配信をしています。

それゆえ久しぶりに2つ目の方法もテストでライブ配信してみました。

以前はStreamlabs OBSから設定できる項目はもっと少なかったので、徐々にStreamlabs OBSだけで細かな設定も出来るようになるのかな?と希望は持てました。

とはいえ、YouTubeが何か項目を足したら、Streamlabs OBSがアップデート対応するまで選べない期間は発生してしまうので1つ目の方法は覚えておいて損はないと思います。

あきみろ
あきみろ

どっちも1度覚えてしまえば難しくないので、両方覚えておくのがベストではあります😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました